会員拡大会議

 

基本方針

 

議長 戸来 守和

 

<スローガン>

カシオペアの未来のために、共働しませんか?

 

<基本方針> 

 現在カシオペア青年会議所(以下JC)は29名で活動を行っております。しかし直近3年間で卒業となる40歳を迎えるメンバーが大半を占めております。本年でカシオペアJCは創立50周年を迎えます。この先の50年を見据え、将来のカシオペア地域の発展を考えると、メンバーが地域社会との絆をより強固にし、地域のリーダーとして邁進していくことが必要不可欠だと感じます。二戸まつり前夜祭や公開討論会、各種事業の開催を通じてカシオペア地域の期待に応え、質の高いJC活動を続けていくために、若い才能を引き出し、一人でも多くの仲間を迎え入れ、明るい未来の為に組織の基盤づくりを行います。まずは、地域の青年から自分も一緒に活動してみたいという思いを持ってもらうことが第一と考えます。今年迎える創立50周年事業やJC活動に、メンバー一人ひとりが真剣に活き活きと活動に取り組む姿勢を見せることが、入会候補者の意欲を掻き立て、名実ともに品格ある青年団体となる礎となっていくと考えます。そして、入会が浅いメンバーが多く在籍しております。常に地域の中核としてJCが在ることを自覚できるようにJC活動の勉強会や、入会年の浅いメンバー同士や家族を含めた親睦会を開催します。昨今のJC活動への理解を深めてもらい、メンバー同士の絆を強くし、その先の会員拡大とつなげて参ります。さらに、カシオペアJCシニアクラブをはじめ、カシオペア地域の先輩諸兄から入会候補者の情報収集を行い、現役メンバーとのつながりを大切にしながら先輩諸兄や地域とのパイプを強固なものにし、会員拡大に活かします。青年期最後の学び舎としてメンバー同士が共に修練し、JC活動を通じて友情を深めることが、カシオペア地域の未来の発展に続いていくと信じています。創立50周年を迎える当会議所の伝統と品格ある青年団体としての素晴らしさを地域の青年へ伝え、更なる高みを目指し、常に挑戦を続ける迫力ある集団であるために、共働していきます。

 

<事業計画>

1.会員拡大への情報収集、推進

2.新入会員のフォロー