基本方針

 

委員長 新毛 真武

  

<スローガン>

  

率先励行 新しい一歩

 

<基本方針>

 一昨年からの新型コロナウイルス感染症の影響の中で少しでも地域に笑顔と想いを届けるべく花火大会を行ってまいりました。しかしその背景には2年連続での二戸まつり本祭、そして二戸まつり前夜祭の開催の自粛があります。大きな変化と新しい生活様式が求められる中、我々カシオペア青年会議所(以下JC)はカシオペア地域の先陣を切りコロナ禍においての地域の人々と伝統と文化をつなぐ新しい一歩を踏み出す必要があります。

  まずは、前夜祭事業が地域活性化の一助となるべく、今求められる開催の形式をメンバーで協議し多くの住民と共に創り上げ地域の魅力と文化に触れられる事業で在る様追求します。そして、郷土愛の醸成を目指すため、多くの人の目に留まる地域の子供達による絵付けを施した募金玉の作成と各店舗や施設への設置と花火の打ち上げ事業を継続し、その募金玉を設えた成功祈願祭などを通じて本事業への意志統一を図り、子供達や地域団体との繋がりを深めて参ります。さらに、2年連続で自粛となったカシオペアフードフェスティバルの有り方を今一度見直し魅力溢れるカシオペア地域産食材と文化の発信を行います。また、カシオペア地域の持続可能な社会の形成を目指していくため、11番の目標「住み続けられるまちづくりを」を中心に、SDGsを推進、発信を行っていき、来場された方が身近に感じる様な設営を行いSDGsの意識向上さらには行動につなげるきっかけを提供します。そして、時代に即した様式に対応し、一人でも多くの参加者に体験と発見を提供できるよう、円滑な動線を確保し、混雑の緩和と感染症対策を取りつつイベントを楽しめる会場設営に努めます。また、前夜祭事業全体を通して我々の想いや運動の情報発信を効果的に行うことで地域とJCのつながりを深め、会員拡大や地域の未来を創造していけるよう努めて参ります。

 変化に対応した新しい一歩を踏み出す中でメンバー一人ひとりが自ら考え行動できる能力を磨き、組織としてのさらなる発展を目指し、これからも多くの住民の愛される事業へと昇華することを目指します。

  1.  二戸まつり前夜祭の企画、運営
  2. 二戸まつり本祭との連携、協力
  3. 各種出店行事への参加推進、出席確認
  4. 他団体と協働した事業の企画、運営
  5. 会員拡大への情報収集、入会推進活動